新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:S.O

レポートNO.総合

 

<使用日>平成21年  月  日

<使用した河川>     県      川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

 

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

 

<本日の釣果>

    

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  3.2m  16mを5本取り

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) ナイロン0.3号 5cmと25cm

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE 0.35 4.6m

④ オモリ使用の有無  無

 

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

 

<糸の硬さについてどう感じますか>やや硬い

<糸の重さについてどう感じますか>普通

<コスレに対する強さについて>やや強い

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

7月26日、水中糸に「も」が絡みました。チョットつまんで引っ張ったらプロトB005が

ハナカン上20cmのところで切れました。オトリはそのまま逃げました。ハイテクラインは

強いけどもろい。

 

水中糸三分割式

水中糸のトラブルは目印より上で切れたことなく、ほとんど下部で起きます。

私は釣っている途中でヤバイなと思ったら、上下の張替えをします。

これで強い糸をより強く、長い時間を安心して釣りに集中できます。

一張りで16時間、上下張りなおして16時間。計4日間使用できれば最高です。

 

移動式ハナカン仕掛け

ナイロン組糸にポリエステルで4回巻きのプールジックでトラブル無し。

仕掛け作りが楽になりました。ただ20cm以上の鮎の場合、ハナカンが移動してしまうか

ちょっと不安。5回巻きが良いか?まだ研究中。とにかく出来上がりの仕掛けはすっきりしてい

て早くて簡単で長持ちします。お気に入りです。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA