製品開発コンセプト

ライン開発コンセプト

フジノラインは、日本におけるナイロン釣糸製造の初期1957年に創業(旧社名:フジノナイロン)したフィッシングライン専門メーカーです。
鮎釣り用の極細単線をはじめ、テーパーラインや組糸といった形状のラインまで幅広く製造しています。
自社製品以外にも、国内・海外OEM生産なども数多く手がけています。
最近では、ラインの進化からタックルが変わることもある程、ラインが変われば釣り方が変わり、今まで釣れていなかった魚が釣れる、今まで取れなかったアタリが取れるようになるのです。
釣り人と魚を結ぶタックルの中でも、重要な比率を占めるライン。
だからこそ、その重要性にこだわり、ラインに特化して追及していくことに大きな価値があると考えています。
「先進の釣りを、より多くの釣り人に」をコンセプトに独創性の高いアイテム、細部にもこだわった製品作りに努めています。

一貫した製品作り

ナイロンについて

一口にナイロンといってもその用途は多種にわたり、衣類やテニスガット、漁網など色々です。そして釣糸としてのナイロンにも原料の種類によって性格があり、おおまかに分類すると、「6ナイロン」、「66ナイロン」、「12ナイロン」、「共重合ナイロン」にわけられます。「共重合ナイロン」とは6や66ナイロンを混合してあるもののことです。
一般に硬い糸は「6ナイロン」を、やわらかめの糸は「共重合ナイロン」を使用しています。

原料からラインが出来るまで

フジノラインでは、原料から一貫して製品になるまで自社生産しています。
一般的な生産の流れをご紹介します。

1
何も混ぜていない原料何も混ぜていない原料。このまま使用すると透明のラインが出来上がります。

2
着色するためにカラーチップを混合着色するためにカラーチップを混合しています

3
原料を入れるホッパー原料を入れるホッパー

4
原料から糸状になっている原料から糸状になっているところ(その1)

5
原料から糸状になっている原料から糸状になっているところ(その2)

6
原料から糸状になっている原料から糸状になっているところ(その3)

7
ボビンに巻き取られていきますボビンに巻き取られていきます

8
小さいスプールに巻き取ります小さいスプールに巻き取ります

9
パッケージング作業パッケージング作業

10
完成完成