ラインに関するFAQ

ラインに関するFAQ

ここでは、最近釣りをはじめたばかりという方にも参考になるような項目も含めた質問を取り上げています。
皆様からのご質問もお受けしています。代表的なものについてはこちらの項目に随時追加していきます。

釣糸の保管方法は?

炎天下の車の中での長時間の放置や直射日光、蛍光灯の直下などでの保管をさけてなるべく冷暗な場所で保管するのがベストです。
中には冷蔵庫で保管する人もいます。
保管方法によっては、品質の変化に1年以上の差がついてしまいます。見た目にはわかりませんが、糸の内部では悪影響を受けることによって確実に劣化が進みます。

釣糸の交換のタイミングはどうやって判断するの?

(傷の見方)

手で触った時に傷がついていたり、全体的にがさがさになっていたら、すぐに交換して下さい。

(結束の時の注意)

糸と糸、針を結ぶ際、締め付けると結び目の左右がうねった状態になることがありませんか。

これは締め付けるときに摩擦が起きる為に、糸が熱にやられて傷んでしまった状態です。この場合は結び方が悪かったと判断して再度やり直して下さい。締め込むときには水やツバで濡らしたり、スプレーをかけたりしてなるべく熱を発生させないようにゆっくり締め込むことが重要です。
次に魚がかかった時に、傷になって弱くなっているところから糸は切れてしまいます。

(パーマになってしまった時)

糸がからんで強くクセがついた場合(パーマになる状態)は、両手でゆっくり引張るとある程度元に戻りますが、それでもなかなかくせがとれない時には、あとでトラブルの原因になることも ありますので 早めの交換をお勧めします。

補足①(釣行後の手入れ)

海水で使った後は真水で塩分をおとしましょう。
特に竿のガイドに塩分が残っていると塩の結晶はナイフの代わりになるほどの強敵です。
糸は手入れしたのにガイドに岩塩が残っていたために糸がひどく傷ついてしまったという事態になりかねません。

補足②(キンクって何?)

どんな素材の糸にもいえることですが、糸がよれたり、ねじれることが原因で糸が折れた状態になることをキンクすると言います。
この状態のままリールに巻かれていると、思わぬところ で糸が切れる(高切れと言われる状態)ことがあります。気がついたら直しておきましょう。
特に新素材系の伸びのない糸の場合は注意が必要です。
糸が結ばれてコブになっているのと同じ位、糸には負担がかかります。
その状態で次に根掛かりや魚がかかるとキンクしている部分やそのすぐ近くで糸が切れることがあります。

ナイロン、フロロカーボン、新素材系ラインの使いわけについて

それぞれの素材の特長や欠点を把握し、どの素材がこれから行く釣りに向いている
のか、また何種類か準備していくことで、その場の状況により使い分けることが
ポイントです。
新素材以外のラインは気温、水温により硬さが変化します。
暑いときには硬め、寒いときにはやわらかめのラインを使うことによって一年を通
じて快適な状態で釣りを楽しむことが可能です。
現在は、ナイロンやフロロカーボンでも硬め、やわらかめといった区分けをするよ
うになってきました。

ナイロン フロロカーボン 新素材
しなやかで扱いやすい適度な伸びがある
比重1.14
熱に弱い。
傷に強く、水中での強度低下が少ない
伸びが少ないが、弾力はある。
比重1.78ナイロンより沈みが早い
糸質が硬いため、くせがとれにくい。
圧倒的な強度。伸びがなく感度が非常に良い。
伸びがない為、結節が弱い
編み糸の場合やわらかく
キンクしやすい

「グラヴィティjigging」はPEラインと違うの?

グラヴィティ P  E
比 重 1.41(重い) 0.97(軽い)
糸の硬さ コシがある しなやか(コシがない)
耐熱摩擦 約400℃ 約100℃
伸び率 0.8% 3~5%
原材料 エステル ポリエチレン

強度についてはほぼ同等です。
耐熱摩擦については熱を発する摩擦が起こったときの耐久温度です。
それぞれの特性を生かし、使いわけることが必要です。

8本組糸が良いと言われているのはなぜ?

新素材系の糸は細い繊維をよりあわせ、組上げてあります。
組糸には4本、6本、8本、16本などいろいろな組み方があります。
同じサイズの糸を作るのに、4本で組むということは太い糸を4本8本であれば4本よりも細い糸を8本組合わせているので、当然4本組糸の方が粗く仕上がり、ざらざらした感じになります。8本の場合にはきめ細かく仕上がる為、ガイドとの摩擦が減少することになります。

グラヴィティを使うにあたってサイズをワンランク細くしても大丈夫ですか?

細いラインの方が抵抗は少なく、沈みや飛距離に差が出ることは確かです。
ただし、糸の太さが細いということは根ずれやコスレに対してはマイナスになってしまいます。摩擦のおきない釣りはないので、注意が必要です。対象魚や海況などによって判断して下さい。基本的にはPEラインと同等サイズのご使用をお勧めします。
まずはグラヴィティの糸の感触をつかんでいただき、その上でランクを下げても可能だと判断されればもちろん問題はありません。

グラヴィティにスプレーは使えるの?

市販されているPE専用のコーティングスプレーですが、メーカーによって、原材料に若干違いがあり、マーキング部分の色が落ちてしまったり、多少べたつくもの等もあります。
ただし、素材の品質を変化させるようなものは現在のところありません。特定商品について御質問のある方はメールにてお問合せ下さい。

グラヴィティのラインシステムはどうやったら良いのでしょうか。

ダブルラインを作るにあたり、グラヴィティがPEラインと大きく違う点は①伸びが全くない②PE程糸がすべらない③ライターであぶると燃えて灰になるということです。
気をつけなければいけないことは、①の伸びがゼロである点です。
PEは数%の伸びがある為、ショックがかかった時に糸が伸びることで若干結び目にかかる力が分散されますが、グラヴィティの場合は全く伸びがない為にショックがダイレクトに結び目に来てしまいます。いかに弱くなる部分を1箇所に集中させないで、分散させるかが重要になってきます。
三つ編みであれば編み始めがきつくならないように最初の5,6回は(やりづらいのですが)かなりゆるく、さわった時にずれるぐらいに編み、それ以後は通常通り。
ビミニツイストの変形でお勧めは、まずヨリを40から50回位に多めにします。
次にひざにかけて通常は下から上に指で持ち上げてからめるのですが、この時ループ側ではなく、メインライン側から下に向かってメインラインに糸を巻きつけていくようにします。
最後のハーフヒッチ以降は通常通り。締め付けられる場所がない為に、メインラインに付加がかからず、きつくなりすぎていないので強度アップします。
メインラインのよれは戻して真っ直ぐにしておいて下さい。

グラヴィティの性能を生かすためのラインシステム

gv1 gv2

 

プールジック移動式ハナカン仕掛けの作り方は?

チラシパワーXとハナカン編み込み糸を使った
プールジック移動式ハナカン仕掛けの作り方の解説ページ
で写真付きで解説します。

新素材水中糸「ターボV鮎」にナイロンを接続するときのサイズバランスは?

金属糸はナイロンの約3倍、ターボVはナイロンの約4倍の強度があります。
0.1号のターボVならばナイロンの0.4号相当の強度があるということです。
ターボVとナイロンをつなげる時は、号数の4倍を目安にして下さい。
例えば、
ターボV0.1号 →ナイロン0.4号
ターボV0.15号→ナイロン0.6号

ターゲットに対する新素材水中糸「ターボV鮎」の適正ラインサイズは?

tv

塩分濃度の違いが糸に影響するか?

み具合に差が出ます。
すでにウキの浮力などで実感されている方も多いのではないでしょうか。
ナイロン糸の比重は1.14ですが、原材料によって若干の変動があります。
同じ糸でも日本海側と太平洋側、また川からの水が比較的多く入ってくる港と離島での使用では差が出ます。
塩分濃度が高くなれば、糸は浮きぎみになり、塩分濃度が低ければ、糸は沈みぎみになります。

新発売の極細ワカサギ0.1号についてお尋ねします。

電動リールのオートストッパー用の極小ハリス止めに接続する場合は、専用ジョインターが必須でしょうか?或いは先端部分を2重ヨリにして 2・3回ひねった上での8の字チチワを作っての接続ではダメでしょうか?

テスターM回答

  • 電動リールにもよりますが、巻き上げが完全にOFFなるようなシステムの電動リールでしたら本線を2重ヨリ糸での接続も可能です。しかし、多かれ少なかれストッパー部はテンションがかかる場所なので、ラインの伸縮性がない本線の直結はショックを吸収できずに切れてしまう恐れもありますので、ジョインターをお使いいただく事をお勧めします。ある程度使い慣れてきてからでしたら問題はないと思います。
  • ジョインター無しで使用する場合
    ナイロンの0.3号前後の糸を付けて極小スイベルを結び付けています。
    極細を撚るなどした直接的な結び付けはお勧めしません。
    ライン自体に伸縮性がない為にストッパーにスイベルが跳ね返る・・・を繰り返すうちに必ず切断します。
    特に巻き上げ速度の速い電動リールの場合にはご注意ください。
    複合ラインとは違い、あくまでも極細の単線ラインですので、接続部分の受ける衝撃に対してを極力緩和できるような接合方法をお考えください。
    ですのでナイロンラインのリーダー部分は若干長めが良いかと思います。
    また、切れるまで同じリーダーを使うのではなく、次回釣行時には再度新しいリーダーに 替えることをお勧めします。
    当方は極細との接合部からおよそ15㌢位の長さで極小スイベルをつけ、その先に穂先の長さ+3~5㌢位の長さの 別リーダーを付け、仕掛けのガイド巻き込み防止にしています。
    この際のラインは細めのPEでも、ナイロンでも好みで良いかと思います。
    接続方法は変則の電車結び。※双方のラインで2本の輪を作り、一片を3回通し軽く締め、もう片方も同じようにしてゆっくりライン同士を引っ張り結び目を作ります。
    ※結節が強いとラインの特性上結び目が断裂しますので、あくまでも結び目のコブからラインが抜けない程度の締め方をしてください。
    ある程度ラインとのやりとりを繰り返す事での慣れが必要です。
    私も前シーズン途中からテストを含めこのラインで30回以上の釣行を繰り返していますが、最近は1日の釣りの中でのライントラブルはほとんどありません。

テスターK回答

電動リールが何処のメーカーか記載されてないので分りませんが、直に接続するのはあまりお勧め出来ません。
仕掛けの上げ下げや、釣れた魚の数にも因りますが1日持たないでハリス止めの接続部分から切れてしまうかも?
極細ワカサギ0.1号にナイロン0.3~0.5号をブラッドノットかトリプルエイトノット、ダブルエイトノットで接続しハリス止めに接続するのがお勧めです。
自分は、ナイロンを15cm接続していますが、アタリの出方にあまり影響ないと思います。

FAQに掲載の無い製品等に関するご質問は下記のフォームにて受付しております。
※テスター等に確認が必要なケースもございますので、ご回答までお時間を頂くケースがございます事をご了承ください。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせジャンル
題名
メッセージ本文