2018年 鮎友釣り初心者講習会 in 中津川 レポート

2018年8月5日(日)、神奈川県・中津川にて鮎友釣り初心者講習会を開催しました。
連日の猛暑で、当日も朝から厳しい暑さでのスタートとなりました。
今回は、友釣りが全く初めての方も20名以上あり、準備されたレンタルタックルがフルに活躍していました。
今年は、初の試みとして相模漁連様のご協力により、女性の日釣券を無料にしていただきました。年々女性のご参加も増えてきています。


開会式には、相模漁連の木藤会長様の挨拶、近隣の釣具店 「フィッシング相模屋」の平賀店長様からご協賛と店舗紹介があり、参加者の皆さんに協賛品のプレゼントがありました。

自己紹介の後、テント内での座学講習。SHIMOTSUKE藤田テスターによる、初めて友釣りに行く際の支度から一連の流れについての説明。しっかりメモを取る方もありました。

一通りの説明の後は、全員が担当の講師について、マンツーマンでの実釣講習です。


11時まで完全マンツーマンスタイルで釣り始めると、ぽつりぽつりと竿が曲がっていきます。前日まで川の状況が芳しくなく、心配していましたが、その心配を覆す様に、皆さん鮎を掛けていきます。

11時からは、引き抜き講習。順番にスタッフがポイントにセッティングし、引き抜く練習です。普段なかなか出来ない練習なので、講習会ならではと言えます。

川から上がると、タライを使ってハナカン通しの練習。実釣から先に始めたので、イメージも湧きやすかった様です。

昼食休憩の間、鮎夢会メンバーが、じっくり炭で焼いた鮎の串焼きを堪能しました。
一本ずつ藁から抜き取り、美味しさも格別でした。


前日に釣れた鮎の一夜干しもあり、食べごろサイズで美味しくいただきました。

昼食後は、各メーカーテスター・鮎夢会メンバーによるデモンストレーション。他の人の釣りを見る時のポイントなども解説され、20分程の短時間で釣果を上げる姿に拍手喝采でした。

午後も午前中と同じ講師について、実釣。
参加者の中には、なんと12尾の釣果を上げた方もあり、難しいと言われる中津川で、主催者サイドが驚く程の結果となりました。マンツーマン講習の成果が早速形になって表れました。講師陣も参加者も皆笑顔で終わることが出来ました。

 

参加された皆さま、長時間にわたり有難うございました。

共催:(株)フジノライン、(株)モーリス、大橋漁具(株)
協力:相模川漁業協同組合連合会、鮎夢会、大川屋オトリ店                順不同、敬称略


カテゴリー: イベントレポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。