小菅川冬季釣り場釣行フライレポート

2019年12月18日
エリア:小菅川冬季釣り場釣行フライレポート

久しぶりの釣行です。あちらこちら台風の爪跡が残り、上流域にダムを持つ河川は関東に限らず未だ濁りが取れず釣りが困難な状態です。

小管川に関してはダム上の事も有り、落ち着きを取り戻しつつ有ります。
魚は少ないものの、ライズは頻繁に起こり以前の小菅に!
ライズ有りますが一筋縄では行かず悪戦苦闘。
毎回の事ですが、ルースニングではあっさり釣れますが、
ライズとなれば、ミッジングの世界あの小さなユスリカをよく魚は観察ています。
下から捕食しようとして突き上がって来て寸前で止める魚、恐るべし観察力。
こうなるとフライのリアリティーを高め、キャスティングもピンポイントへ入れないと見向きもしません。
これがミッジングの世界、難しが故に楽しい!

1匹のライズ(魚)とのだまし合い、釣れた時の喜び満足感最高の楽しみを味わえます。
大半の人は、小さくて見えない、巻けないと言う人がほとんどですが、やり出すと意外と出来るものです。
皆さんチャレンジしてみては!!

システム
ロッド    8ft3in#3
リーダー   AQナイロンリーダー    15ft7x
ティペット   AQナイロンティペット   9x、11x

Report by 本橋通行


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。