埼玉県 秩父上流 フライレポート

釣行日:2015.4.9

エリア:埼玉県 秩父上流

020

今回は、3時間プチ釣行に行って来ました、さすが上流は春はまだの様です

芽吹きも、未だですドライは早い気がします、来たからにはやらないと早速仕度して

実釣開始すじを丁寧に流しながら、反応を探り良いポイントで良い型のヤマメが出て一安心

所が、それっきり反応が無く移動、下流部へ、叩くも叩くも反応無やはりまだ早いみたい

最終ポイントにつき、時計みるも4時25分まだ早い、何回か釣れて居ればこんなに早く最終ポイントに着かない写真を撮ったりして時間稼げたはず、まあ仕方が無い、淵の泡だまりでライズ見たいな光景が目に飛び込み観察する事に、あれがライズだとしたら型は小さそう、そんな事つぶやいてるとやはりライズです、泡が微かに動きました、フライを流し込むが、反応無フライを#18~#14チェンジ泡で見えなくなるので見失わないようにフライを流し込み泡が微かに動きつかさず合わせると、重いデカイ、ロッド満月状態潜ろうと擦るのを必死で耐え4月からこんな引きを味わえるとは思いませんでした、ウルトラティペットの強さ味わえました。ちなみに45cmを6.5xでした。

026

数は出ませんでしたが、おもわぬ大物に出会いました。

 

システム

ロッド  8ft10  #1

ライン   #1

リーダー   ウルトラロングリーダー  6x14ft

ティペット  ウルトラティペット    7x&6.5x

 

Repot by 本橋 通行


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。