秋田県 上小阿仁村 小阿仁川水系フライレポート

釣 行 日 : 2016年8月14日
フィールド : 秋田県 上小阿仁村 小阿仁川水系

もう何日まとまった雨が降ってないか記憶にない程で渓は渇水気味の河川も少なくないようだ。
県内どこの川も減水で条件が悪いのは変わらないが釣る側にとっては渓の遡行は楽とプラスに考えてしばらく足が遠退いていた渓に向かった。
最源流部を目指し車止めから1時間30分程杣道から藪こぎと汗だくになり渓に到着したが水はかなり少ない。おまけに前日先行の形跡もあり、ここまで来て引き返すのも辛いのでとりあえず始めてみた。
明らかに先行の影響で付き場が小スポットに集中していて型も7寸止りだが反応は良く小気味良いテンポで釣り上がった。釣り上がって1時間位で先行の形跡が無くなりそれからはヒラキ、カタから面白いようにフライに反応を見せた。
減水で源流域なので普段のスタンスでは警戒心Maxの魚は走ってしまうので、普段より距離をとり(開けてるポイントでは5m以上後退)ティペットは7Xまで落とした。
今回の釣果で不思議な現象があり、良型はフッキングしても全てバラシという原因不明の状況に陥ってしまった。下手だからと言ってしまえば簡単だが、合わせのタイミングをずらしたり、フックの形状変えたり、パターンを変えたりしたが100%バラシに終わってしまった。途中からは何だか気持ち悪くなった程だ。
言うまでもなく帰りの足取りは重く、肉体的にも精神的にもぐったりだった。

リーダーシステムは、
ウルトラ ファストスペシャルバージョン 15ft 6Xにティペット 7X 3~5ft継ぎ足し18~20ftシステム

使用タックルは、7ft10in ・#1
使用フライは、#10,#12テレストリアルパラシュートなど

Rerport by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。