秋田県 上小阿仁村 小阿仁川水系フライレポート

釣 行 日 : 2016年8月20日
フィールド : 秋田県 秋田市 杉沢川

数日前に待望の雨が降ったのだが地表にやっと滲みる程度で川は増水する事もなく、せめて平水までと期待したのだが良い状況には転じてくれなかった。
例年であればお盆が過ぎれば秋の大物狙いで有望ポイントをチェックして“とっておき”を見つけておくのだが、川を見て廻る限りではまだそんな状況ではなく、とりあえず近場の尺の実績があるポイントに入ってみた。
先ずは中下流部でヤマメをブラインドで叩き上がったが反応が有るのは初夏に放流された食べ盛りの小型ばかりで、大場所で浮いている個体も見つける事もなく上流に切り替えてイワナ狙いにと考えて次の大場所で切り上げる事にした。
岩盤沿いのカーブしたプールを慎重に目視でチェックすると明らかに尺上のヤマメを見つけた。ドキドキのサイトフィッシングになったが手元が狂う事もなくワンキャストでフッキング、激しい引きとローリングで久々に大型ヤマメのアグレッシブな引きを堪能出来た。無事ランディングし計測、36cmで手が回らない幅広の素晴らしい体躯のオスだったのだが… 写真を撮ろうとスマホの準備中に逃亡されてしまった。ランディングネットを持って間抜けに追い掛けたのだが捕まえる事が出来るわけもなく、良型をランディング出来たのに非常に後味が悪い結果になってしまった。残念です。


気持ちを切り替えて上流のイワナ狙いに、入渓して最初の大場所で目で確認出来る場所には魚の姿は確認出来なかったので淵尻からブラインドで流して探るが出てもいい場所は無反応で淵上の落ち込みの白泡に落として漂わせた時、水面がモコっと盛り上がりゆっくりフライを喰わえた頭が見えたが間違いなく尺を確信、慎重にやり取りしてランディング。
まさかこんな減水の悪条件で1日にヤマメとイワナの尺オーバーをキャッチ出来ると思わなかったし、初めての経験になった。

河岸の藪には熊がエゾニュウ(通称サクと言う山菜)の根を食べ荒らした後が多数有り、特に今年は出没、遭遇が相次いでいるのでしつこいようだが熊対策は忘れずに?

リーダーシステムは、
ウルトラ ファストスペシャルバージョン 15ft 4Xにティペット 5X 3~5ft継ぎ足し18~20ftシステム

使用タックルは、7ft10in ・#1
使用フライは、#10,#12テレストリアルパラシュートなど

Rerport by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。