秋田県 秋田市 岩見川水系フライレポート

釣行日:2017年8月11日
エリア:秋田県 秋田市 岩見川水系

7月22~23日の記録的な大雨で自分が良く訪れる渓流へのアプローチ道路となっている林道が川の増水によって削り取られたり、土砂崩れや倒木などによる寸断で暑さを避けてのイワナハンティングが無理になってしまった。

例年なら8月下旬から積極的に狙う本流ヤマメをターゲットにするしかなく地元の尺実績も多い本流に入った。

予想はしていたのだが100投しても反応は皆無という本流ドライならではの渋さ(魚影も薄い)が際立った。時々反応はあっても6月に放流された10cmに満たない稚魚で心が折れそうになるが本流ドライはこの状況を堪えることが出来なければ良型(尺)に出会えないので集中力を落とさないように有望なスポットを流した。

50m程のプールの尻にいいめの石が点在しているバブルラインを確信を込めて一投目吸い込む様に静かに出てくれたが7寸のレギュラーサイズ。

その後無反応が続き最後の大場所堰堤したのプール脇の大岩横のバブルライン一投目、足場が水面より1m位の高さだったので良く見えたのだがゆっくりヘッドアンドテールで間違いなく35cmオーバーのヤマメがフライを喰わえる瞬間が見えドンピシャのタイミングで合わせた、のだがゴンとフッキングの手応えもありヨシッと思ったのも束の間ヤマメは身をひるがえして堰堤の深みに消えてしまった。デカかったなぁ…。

使用タックルは、8ft1in ・#2

使用フライは、#12テレストリアルパラシュート主体各種

リーダーシステムは、ウルトラ ファストリーダー  12ft 4X にティペット 5X 6~8ft継ぎ足し 全長18~20ft

Report by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。