ワカサギ フィールドレポート

11/8相模湖天狗岩に出かけてきました。

釣行当日は朝から曇天で時折雨が降る状況でしたが、ボートでの釣行でした。

ここの所好釣果が出ている相模湖ですが、当日も朝一から「寺下」というポイントで昼まではまずますといったところでした。

8時~12時までで約500尾。型は5~12cmでした。

昼に船頭さんが状況を見にきてくれて、気になるポイントがあるとのことで移動。

寺下ポイントから少し下流の金山ワンドへ。

13:30釣り再開して、終了16時まででトータル1522尾の大爆釣でした。

<詳細>

リール:D社電動リール2丁

穂先:D社32M

仕掛:D社ロングハリス7本バリマルチ1号

オモリ:12g

ライン:フジノライン 新製品 AQコートWAX+PE0.3号

水深:6.8m

釣りタナ:底~2m宙

エサ:白さしカット

釣果:1522尾

釣況:午前中寺下のポイントでは底中心で。金山ワンドでは、釣り始めは宙層に若干の反応があるものの底メインで狙っていたが、2丁電動のうち片方は底メイン、片方は宙層の反応に合わせて釣っていった。徐々に宙層の反応が良くなり、2~3mラインで入れ食いへ。2丁ともに宙層の群れに合わせ、仕掛け分(7本バリ)すべてに針掛かりするようになり、時間ペースで500尾を記録。釣り終了まで1522尾をカウントした。このような入れ食い状況の中でもWAXコートの新製品PEはさばきがよく、トラブルせずにつかえた。

 

Report by 鈴木 誠


カテゴリー: フィールドレポート, ワカサギ, ワカサギ レポート, 更新情報 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。