新潟県信濃川水系釣行フライレポート

2020年9月5日
エリア:新潟県信濃川水系釣行フライレポート

久しぶりにホームリバーへ。

激戦区の土曜日なので早めに出発、暗い中に到着した。

1台の車が有り諦め下流部へ。こちらは誰も居ないので、早速着替えを済ませ、明るくなり川を覗くと渇水で、シビアな釣りなりそうです。
それでも久しぶりのホーム、心昂り釣り開始。

このところ、気温が以上に高く人も魚もバテ気味。
さぁどんな釣行になりますか?

最初魚は新子ヤマメ、どの河川でも今時期悩みの種。
少し上がると8寸ヤマメが出てくれ良い引きを味わいながら、コンスタントに釣り上がります。
暑さで釣り人が少ないのか、8寸、9寸ヤマメがポイントから出てくれます。

渋いどころか高活性泣き尺イワナまで。

その後もコンスタント釣れていましたが、10時過ぎから反応が無くなり上流に2人釣り人が。
頭はねされ、終了です。
激戦区なので仕方がありません。
もう少しやりたかった、本音。

まぁ次回に!

システム
ロッド 8ft10 #1
リーダー AQナイロンリーダー 15ft 5x
ティペット AQナイロンティペット 6x 6ft

Report by 本橋通行


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。