秋田県 仙北市 生保内川水系 フライレポート

釣行日:2018年6月17日
エリア:秋田県 仙北市 生保内川水系

秋田は梅雨の中休みで雨がなく河川は減水気味で水に動きがないため山岳を思いついたのだが、まだ水が冷たくジャバジャバ(ウェットウェーディング)には早いので今回は中上流部の釣りとなった。
幸い現場は先行者もなく河岸に踏跡も無かったので数日はポイントに入られておらず好条件で入渓、水が動いていない時の典型で魚は瀬尻・淵尻の浅い岸寄りに定位しており、迂闊にこの魚を走らせてしまうとそこのポイント全体がダメになるので慎重に驚かさず警戒させず定位を確認してからのアプローチとなり、季節がらおおらかな釣りが出来るはずがかなり神経質な釣りとなった。
魚の活性も良くカゲロウ、トビケラのハッチもあり時折ライズも楽しめた。
イワナ、ヤマメの混生域になるが8割方ヤマメで7~8寸アベレージの銀ピカヤマメを堪能出来た。

今シーズンはAQナイロンティペットを使用させていただいているが、ここで特筆! ここ数年加齢による老眼が進んでフライのアイにティペットを通すのが一苦労なのだがAQティペットは滑りが良く張りがあり(硬くはない)まとわりつきもないので格段に通しやすいし、根ズレなどの強さから一段階細くしても強度的な心配が全く無くしたがってドリフトもよりナチュラルに出来る! AQティペットからはもう抜け出せません。
使ってみれば解ります!

使用タックルは、7ft10in・#1
使用フライは、#14メイフライパラシュート(ダビングボディー,クイルボディーなど)
リーダーシステムは、ウルトラファストリーダー 12ft 4X に AQティペット5X 2ft+6X 4ft継ぎ足し 全長18ft

Report by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。