秋田県 仙北市 玉川水系フライレポート

釣行日:2018年8月12日
エリア:秋田県 仙北市 玉川水系

今シーズンは休みのタイミングで降雨→増水と良いコンディションでの釣りが出来ずにいたがようやくお盆前から天気も安定し、秋田も猛暑に近い暑さが続いた日もあったがこのところは落ち着いて久々にじっくり溪を楽しんだ。
いつも行き慣れている流域はどこもことごとく林道崩壊でアクセスが不可能(3~4時間歩けば行ける)で、今回訪れた支流は自分自身初めて攻める流域で何の情報もなかったが車から30分位の歩きで入渓出来るし以前から気になっていた場所でもあるので期待もあった。
林道も整備されておらずイタドリが覆い被さってる箇所では車の衝突安全ブレーキが作動したりするハプニングなどもあった。
アブが真っ盛りなので少しでも標高を稼ぎ車から歩いて1時間程で入渓、芳しい反応もないまま砂防堰堤(多分最後の)にぶつかり砂防堰堤を高巻きしてからは素晴らしい溪になりかなりの期間人も入った形跡もなく条件は “岩魚の桃源郷” だった。が、数はそこそこ出るものの8寸を超える個体は1度も見る事は出来なかった。


年々良型も数も少なくなってはいるが、ここまで(かなりの山岳渓流)来てこの結果は悲しさだけではなく今後の不安にもなる。

使用タックルは、6ft10in・#1
使用フライは、#12,#14パラシュート(ピーコックボディ)各種
リーダーシステムは、試作テスト品14ft 6xにAQティペット6xを4ft継ぎ足しの全長18ft

 

Report by 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。