新潟県魚野川水系&信濃川水系フライレポート

釣行日:2019年8月7日~9日
エリア:新潟県魚野川水系&信濃川水系釣行

ホームリバーへ泊まりで、ガイド釣行です。
初日、少し水量が高く下流域を選択、ポイントは少ないものの
ピンポイントに入ればあっさり出てくれます。
しかし最初は緊張か、すっぽ抜けや、バラシ連発、中々キャツチできず。
少しすると慣れて来たのか、ポツポツ良いヤマメがキャッチし出し、皆さん満面の笑み。
お昼頃少し濁りが入り撤収を余儀なくされ、支流へ。
こちらはイワナ域でスレ切って1回遣らかすと2回目無い渋さ。
小さいサイズながらも、綺麗なイワナをキャッチ出来、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

2日目別の友人と合流し本命の川は入れず、支流へ。
こちらもスレ切ってます。
出ても乗らず、繰り返し昼間は日差しがきつく日陰で暫し休憩。
少し雲がでて日差しを遮ったので釣り始めポツポツ可愛いイワナと遊んでもらいました。

最終日。まだ濁りで入れないので一人で源流を目指し車止めから1時間登坂を歩き、そこから釣り上がりです。
流石に魚は多いので出るは出るは、ただフッキングしないのが多いです。
イワナも警戒芯が強くフライを飲んでくれません。
掛けても口先で皮一枚とか、意外とシビアです。
1時ごろ雲が怪しくなって来たので下山することに。
少し早いので仮眠し4時過ぎ本命の川へ。
濁りは取れ水は多めですが少しやる事に。良いポイントか良いヤマメがポンポン顔を出してくれます。
結局7時までやりました。

中々思う様には行かずです!自然相手なので仕方がありません。
これもまた釣りの一部で楽しい!

Report by本橋 通行


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。