新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:H.T

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 5 月23 日

<使用した河川> 静岡県  興津川

<使用したポイント>深瀬、早瀬、段々瀬

<河川状況>平水、青ノロ有り

<本日の釣果>16~18cm 18

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

    プロトB-005の使用M数 2.5m

    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 上側フロロ0.3号30cm

                         下側フロロ0.2号20cm

    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) フロロ0.6号 6m

④ オモリ使用の有無 無し

 

<トラブルの有無>なし  

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)>やや硬い

<糸の重さについてどう感じますか(選択)>普通

・やや軽い・軽い

<コスレに対する強さについて(選択)>やや強い

<その他自由記入欄>

 ・ナイロン感覚で仕掛け作りができ、扱いやすい

    表面のすべりが良いため、目印移動がスムーズにできる

    強度的には問題なし、18cmのアユでは余裕で引き抜けた

    仕掛けの張替えなしで、11組で釣りができた。耐久性はかなりあると感じた

    ハナカン上20cmぐらいのところはコスレキズができ、コーティングがはげた部分は素線がでてきた

    感度はメタルラインとかわらず、非常によい

    引釣り、泳がせ釣りともオトリの動きがよかった。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。