新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:無記名

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年5 月21,22,27

<使用した河川>  静岡県 興津川 中・上流

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

 

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

 

<本日の釣果>

 

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

    プロトB-005の使用M数 4m

    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方)下 0.25(フロロ)30cm 

                       上 0.4(フロロ)70cm

    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE0.55 3m+チラシパワーⅩ50cm

④ オモリ使用の有無  無

 

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

 <糸の硬さについてどう感じますか(選択)>普通 良い

<糸の重さについてどう感じますか(選択)>普通 良い

<コスレに対する強さについて(選択)>強い

<その他自由記入欄>

興津川中流は、サザレ石が多く、又初期は釣り人も釣り慣れていないことで、根ずれにより

トラブルが多いのですが、切れるような事はなかったです。また、TSとの大きな違いは

糸が見えないということとヨレが出にくいということを3回の釣行で感じました。

また、0.05号は0.3(40cm)までつけ糸を上げてみたのですが、オバセがかかりにくい

為、ラインを長めに水中に入れる事によるトラブルが出てしまいます。できれば0.1号以上の

糸で一度試したいなと思いました。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。