新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:無記名

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年 6 月 1 日

<使用した河川>   茨城  県  久慈川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

   チャラ瀬・ザラ瀬

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

   増水 濁り

<本日の釣果>

    1匹

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数    4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ  上フロロ0.3号30cm、下フロロ0.25号25cm 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE0.3号

④ オモリ使用の有無

 

<トラブルの有無>なし

<糸の硬さについてどう感じますか>普通

<糸の重さについてどう感じますか>軽い

<コスレに対する強さについて>やや強い

<その他自由記入欄>

 擦れると繊維が解れて来る。場合にもよるが強度が一気に下がる。

 メタルと比較すると断然強いが、ラインが濡れているとわかりにくいかもしれない。

 感度・強度も充分。しかし普段の釣りがメタル中心だと、物足りないかもしれない。

 感覚の問題だが、複合メタル(ダイワメタコンポⅡ0.05と比較)の方が良いかもしれない。

 しかし、私が複合メタルを使用するとオトリが泳がない。プロトB005はしっかり泳いだの

で満足している。

この日は増水でゴミが多く、普段使用しているメタル0.03号(ダイワMステージ)が使用

できない状況。プロトB005は、ゴミが着いても竿を振ればすぐにゴミが取れたので、強気

の釣りが出来た。

しかし、釣果がたったの一匹なので、掛り鮎に走られた場合、しっかり止まるのか?

引き抜きの最中に軌道が変わるのか、また変えられるのか?

そして放物線はどうなのか?チェック出来なかった。

メタルに近い特性があるので、同じような感覚で使用できると思うが、試してみないとなんと

も言えない。

[`evernote` not found]
LINEで送る

カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。