素材水中糸プロトB-005モニターレポート

20090807-1氏名:S.F

レポートNO.4

 

<使用日>平成21年 8月 7日

<使用した河川>  神奈川県  酒匂川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

           ほぼ急瀬、トロ

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

       平水より10cm位高め

<本日の釣果> 23匹 サイズ14~21.5㎝

    

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数  3m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 上付け糸ナイロン0.4号1.0m

                         下付け糸ナイロン0.3号40㎝

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE) PE 0.55号

④    オモリ使用の有無 状況により使用1~2号

⑤    竿タイプ D社 早瀬Pタイプ 90

付け糸

ナイロン0.3*40cm

天上糸

PE 0.55

上付け糸

ナイロン0.4*1.0m

ハナカン糸

ナイロン0.5*50cm

水中糸

プロトB 0.05*3.0m

使用竿

D社 早瀬 90

編みつけ

15~20回

 

 

<トラブルの有無>なし

トラブルにはならなかったが終了時に確認したところササクレがあった。

 

<その他自由記入欄>

 

石擦れ対策の為、付け糸、鼻環廻りを長めにとったがテトラ際を攻めたため少しササクレた。しかし高切れせずに最後まで使用できた。

今回の仕掛は、瀬でオモリ使用ベタ竿を基本に作ったものだが、そのままトロで使用した。オトリまかせではあるがそれなりに使えた。

トロで使用している際、水に浸かっている部分に藻のクズ(空気中で言えばホコリみたいな物)が付きやすく取れにくかった。

 

200807-2


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。