新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:K.F

レポートNO.3

<使用日>平成21年6月12日

<使用した河川>東京都 秋川

0612akigawa01

<使用したポイント>舘谷ナカトギ、トロ瀬、平瀬

<河川状況>平水。濁りなし。朝の水温17.4°C

<本日の釣果>15〜20cm、27尾

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数:4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ:上側/フロロ0.4号、下側/フロロ0.3号 

③    天上糸の素材:フロロ2m/PE3m

④    オモリ使用の有無:なし

 

<トラブルの有無>なし

 

<その他自由記入欄>

今回は、新品の仕掛けで臨む。

7時前よりスタート(写真1)ハネも無く、9時50分まで粘るが2尾のみ。

流れが複雑で、根掛りが多発した。この場所に見切りをつけ、

上流50m程の平瀬に移動(写真2)。晴れ間も出てきて水温も上がる。

このポイントで15時までに20尾前後掛かる。

石がしっかり入っており、魚が掛かった時のラインの石ズレ音が頻繁に

手許に伝わってくる。

取り込む際に、石にラインを巻き込まれることも1度あった。

途中14時頃、仕掛けをチェックすると下付け糸のダメージがひどく、

編み込み部から約20cmまで「プロト」もキズだらけになっていた。

太陽光を受けて複雑な乱反射がブルーカラーのラインに認められた。

キズの部分をつめ、下付け糸をつけ直した。

15時アタリが止まったところで、さらに上流200m程のトロに移動(写真3)。

トラブルも無く、3本チラシで2尾を追加して17時に納竿した。

 0612akigawa02 0612akigawa03


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。