新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:K.N

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年6月20日

<使用した河川>岐阜県 根尾川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

 平瀬およびチャラ瀬

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

 渇水気味・アカ腐れ(一雨ほしい)、濁りなし。 曇り一時晴れ、方一時雨

<本日の釣果>

    12~18cm 15匹 

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数:3M

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方):上側ナイロン0.4号1.3M、下側フロロ0.3号0.2M

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE):フロロ0.8号、4.5M

④    オモリ使用の有無:使用せず。

竿:下野Bバージョン9M

中ハリス0.8号

針:一角6.5四本イカリ、V5 6.5三本イカリ、

ヤナギ

 

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

アタリがあり竿を起こすと、下側の付け糸から切れていた。おそらく水中の石に擦れたか又は石

に巻かれたものと思われる。

 

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)>硬い・やや硬い・普通・やや軟らかい・軟らかい

仕掛けを作る時は割りとシャキトしていると思っていたが、現場で使って見ると意外とやわらか

い感じであった。チャラ瀬でもスムーズに鮎が泳がせられた。

 

<糸の重さについてどう感じますか(選択)>重い・やや重い・普通・やや軽い・軽い

平瀬での使用はオトリも十分沈むことから軽い重いのデメリットはあまり感じない。

 

<コスレに対する強さについて(選択)>強い・やや強い・普通・やや弱い・弱い

まだあまり分からないが、石に擦れるときの良く伝わってくるので次回以降テストしてみたい。

 

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

感度も良さにびっくりです。当日はD社のメタコンポと比較して見ましたが、感度の違いは歴然

です。アタリが早く伝わってくるような感じがします。感度がよくてアタリがあると早く竿を立

ててしまいます。あまり大きな鮎が掛からなかったので強度はまだ分かりませんが十分ある

ように思います。

次回は7月初旬の釣行予定です。また、報告送ります。よろしくお願いします。

 

 


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。