新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

 

氏名:M.M

レポートNO.1

 

<使用日>平成21年6月13日

<使用した河川> 福井 県 足羽川 解禁日

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可)

 チャラ瀬、平瀬(福井市境寺・朝谷)

<河川状況>(増水、渇水、濁り等)

 渇水濁りなし

<本日の釣果>

 15センチ~17センチ、最大20.5センチ 計25尾。  

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

1        プロトB-005の使用M数 4メートル

2        つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方) 素材フロロ、上40センチ、下30センチ。

3        天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE)フロロ 

④ オモリ使用の有無 オモリの使用は無し

 

竿は中硬硬9メートル、針はオーナー一角7.0号三本イカリ。鼻カン周りノーマルタイプ。

編み込みはターボV専用編み込みを使用。

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、具体的にトラブルのあった箇所と考えられる要因があればご記入ください。

実釣時のトラブルは無かった。

 

<糸の硬さについてどう感じますか(選択)>普通 

<糸の重さについてどう感じますか(選択)>普通

<コスレに対する強さについて(選択)>弱い

<その他自由記入欄>(どのようなことでも結構です。自由なご意見をご記入ください)

擦れは、現行プロガードと同様のササクレが出来易い。

私の泳がせ方やオトリの操作が悪いからかも知れません。

針先同様で常にラインの状態をチェックし、ササクレが出来たら切って補修すれば問題は無い

思います。

ラインの太さが0.05号なので、無理せずやりとりをしました。

解禁の鮎としては大きいのですが、強度的には強いのか今回の実釣では実感出来なかった。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。