新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:M.T

レポートNO.3

 

〈使用日〉平成21年8月1日

〈使用した河川〉秋田県桧木内川

〈使用したポイント〉

トロ

〈河川状況〉

増水

〈本日の釣果〉

14匹 12cm~18cm 8:30~12:30

〈仕掛け図〉

①       プロトB-005の使用M数 3m

②       つけ糸の素材及び号数と長さ

 上側 ナイロン0.5号30cm

下側 フロロ0.3号20cm

③       天井糸の素材 フロロ0.6号

④       オモリ使用の有無 無

〈トラブルの有無〉あり

根掛り時、糸を張った際に水中糸が切れた。

〈糸の硬さについてどう感じますか〉やや硬い

〈糸の重さについてどう感じますか〉普通

〈コスレに対する強さについて〉普通

〈その他自由記入欄〉

増水等があったため、久々の釣行となった。水中糸は、前回使ったものをそのまま使用した。途中流れてきた草が絡み、その際の点検では、異常を感じなかった。その後、数匹取り込んだ後、根掛りがあり、糸を軽く引っ張った時点で水中糸が切れてしまった。切れた場所は、草が絡んだ場所と思われた。金属糸であれば、草が絡んだ時点や草をはずした時点で切れることが多いので、それより良いかもしれないが、切れる兆候がわからず、突然切れたという感じはあまり良くない。草が絡んだ際の傷がだんだん大きくなり、切れるのかもしれない。こまめな点検や早目の交換が必要か。


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。