新素材水中糸プロトB-005モニターレポート

氏名:H.O

レポートNO.5

<使用日>平成21年11月5日

<使用した河川> 静岡県 藁科川

<使用したポイント>(チャラ瀬・トロ等複数記入可):瀬肩、チャラ瀬

<河川状況>(増水、渇水、濁り等):平水

<本日の釣果> 21尾 

<仕掛け図>①~④までは必ずご記入ください。

①    プロトB-005の使用M数:4m

②    つけ糸の素材及び号数と長さ(上側と下側両方):上側ナイロン0.6号、下側フロロ0.5号 

③    天上糸の素材(ナイロン・フロロ・PE):ナイロン(0.8号) 

④    オモリ使用の有無:無

竿のタイプ:硬調 9m ソリッド穂先使用、 針:6.5号 3本チラシ、常時ゴム背針使用

 

<トラブルの有無>あり・なし  ありの場合、詳細。

なし

 

<その他自由記入欄>

藁科川の下流の羽鳥地区に入り9時から開始した。天気はうす曇であり最高気温は20度くらいであったが,風はなく,ありがたいことに前日までの冬のような気温に影響されず水温はそれほど低くなかった。瀬肩やチャラ瀬を中心にせめて16時までに21かけた。ここのアユはもともと小さいサイズが多く,10~18cmであった。ほとんどがまだ白いアユであった。

 


カテゴリー: フィールドレポート, 鮎 レポート タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA