秋田県 仙北市 生保内川 フライ釣行 レポート

釣行日:2020年8月23日
エリア:秋田県 仙北市 生保内川

秋田の渓流は禁漁まで1ヶ月を切り、ついこの間解禁したと思ったらもうこんな時期になってしまった。
晴天が続いて釣りが出来るのは大歓迎だが、お盆が過ぎてからの連日の酷暑はさすがに堪える。秋田は猛暑日にまではいってない分マシだと思っているのだが体力を奪われる毎日だ。
今回はお気に入りのフィールドでじゃぶじゃぶ涼を取りながら楽しもうと早起き頑張って(超人気河川なので先行するため)向かった。

暑さが続いてるせいかアブもまだ終息せずに猛威を奮っていてウェーディングシューズを履いてる間に数ヶ所刺される始末で、いつもながらアブの鬱陶しさには心が折れる。
早起きの甲斐あって先行者はなく、ゆっくりスタートする事が出来た。
本日の一投目は絵に描いた様な反転流に、予想通りにこれまた絵に描いた様にフライに出て1尾目をランディング。何と尺超え!
幸先の良いスタートでテンポ良く釣り上がって10尾いかないうちに尺サイズが3尾入るという良型量産ハイペースだったのだが…
日が高くなって気温が上がるに従って出方にムラがあり反応するのは9割方小物になってしまった。
いつもならイワナは日が高くなって気温が上がって来ると良型の反応が良くなるのだが、連日の暑さで水温も上がっており、朝の涼しい時間が良型チャンスの日だった。
結局頑張った早起きが吉と出た日だった。

同行の友人は今日1の34cmの素晴らしい体躯と凛々しい顔の雄イワナをキャッチ! 羨ましい限りである、自分が釣りたかったなぁ。

使用タックルは、6ft10in・#1
使用フライは、#12 テレストリアルパラシュート各種、#14 プードル
リーダーシステムは、AQリーダー 12ft 4Xに AQティペット 5X 4~6ft継足し 全長16~18ft

Report by 秋田県在住 谷々 和彦


カテゴリー: フィールドレポート, フライ レポート, 更新情報   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。